◼︎腰痛について

腰痛の原因は様々ですが、その多くは、仙腸関節とその周囲の組織の状態の悪化です。


仙腸関節は強靭な靭帯で固定されているため、関節といえども、その動きは最大で数ミリ程度。ですが、この靭帯をはじめとする周囲の組織が柔軟性を失ったり、炎症を起こしたりすると、この僅かな動きに悪影響を及ぼし、腰の運動に支障をきたしたり、痛みを発することになるのです。いわゆる「ギックリ腰」はその最たるものと言えるでしょう。

筋肉層の奥に位置する仙腸関節への施術は、指によるマッサージなどに合わせ、鍼を利用することで格段に効果的となります。指で触れることのできない靭帯の細部へ直接そして精密にアプローチできるからです。

 

なかなか治らない腰の痛みにお悩みの方、仙腸関節への鍼治療を是非一度お試しください。

◼︎臀部や下肢の痛み・痺れについて

臀部や下肢の痛み・痺れの2大原因といえば「ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」でしょう。これらは基本的にX線やMRIなどの画像により診断されるのですが、実は以下のような例も少なくありません。

○画像上ではまったく問題が見られないのに「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」のような症状に悩まされている。

○画像上では明らかに「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と思われるのに何故か全く無症状。

 

「画像診断はあてにならない?」という訳ではなく、臀部や下肢の痛み・痺れが、必ずしも「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」に由来するものとは限らないということです。

「他にも何か原因となるもの」があるのかもしれない、「本当の原因は全く別の何か」なのかもしれないということです。

腰痛/臀部や下肢の痛み・痺れについて

では、他の原因として考えられるものは何でしょう。それは「臀部や股関節まわりの筋肉や靭帯」です。これらの組織の状態が悪化すると、近くを走り、下肢へと伸びる神経に悪影響を及ぼすため、あたかもヘルニアや脊柱管狭窄症のような痛みや痺れを引き起こすのです。痛み・痺れに悩まされていた方が、当院にて臀部や股関節まわりの状態を改善してみたところ、短期間のうちに症状が改善・消失したという例は非常に多く、中には、手術をすすめられたものの、なかなか踏み切れずにいるなかで来院され、事なきを得たという方もいらっしゃいます。

「ヘルニアですね」「脊柱管狭窄症ですね」これ、一度疑ってみることをお勧めします。